シアリス(タダラフィル錠)のトリセツ

シアリスの副作用として報告されている症状と発症時の対処法

  1. シアリスの主な副作用にはどんな症状がある?原因は?
  2. シアリスの副作用はいつまで続く?
  3. シアリスを服用して副作用に見舞われた場合の対処法は?

シアリスの主な副作用にはどんな症状がある?原因は?

臨床試験の結果で報告された割合が1%を超えていた主な副作用は7つあります。

日本国内や海外で行われた臨床試験で、共通して多く報告されているシアリスの副作用を紹介します。副作用がおこる原因についても解説していますので、合わせて確認しておきましょう。

主な副作用
(臨床試験の件数は2304件)
症状 報告された数 割合
全体 669 29.0%
頭痛 287 12.4%
消化不良 145 6.2%
背部痛 68 2.9%
潮紅(赤ら顔) 64 2.7%
筋痛(筋肉痛) 59 2.5%
鼻閉(鼻づまり) 38 1.6%
四肢痛 36 1.5%

※背部痛とは、腰、でん部(お尻)、太ももの裏、ふくらはぎといった、身体の裏側にあたる部分に強い筋肉痛などが出てしまう症状です。
※四肢痛とは、手・腕(上肢)や足(下肢)の筋肉・関節・軟部組織に痛みがあらわれる症状です。

頭痛、鼻づまり、潮紅(赤ら顔)、消化不良がおこる原因

シアリスを服用すると、有効成分の作用によって全身の血管が拡張します。シアリスの代表的な副作用である頭痛は、脳内の血管が拡張し、周辺の神経が刺激されることでおこります。潮紅(赤ら顔)や鼻づまりは、頭痛と同じく拡張した血管に血液が流れ込むことによっておこります。

また、消化不良や胸やけなど消化管の副作用がおこる場合もあります。これは、血管や消化管(胃、小腸、大腸)にある平滑筋を収縮させる酵素の働きを阻害する有効成分の作用によるものです。胃や小腸、大腸といった消化管は、平滑筋という筋肉が収縮する働きによって食べものを消化していきます。

アルコールには血管を拡張する作用があります。お酒を飲み過ぎた状態でシアリスを服用すると、先に述べた副作用がおこりやすくなるだけでなく、症状を増幅させたり長引かせる可能性があるので注意しましょう。

背部痛、筋痛、四肢痛がおこる原因

シアリスを服用することで、背部痛、筋痛、四肢痛がおこる全ての原因の1つとして考えられているのが、シアリスと相互作用のある医薬品の併用です。

過去には、脂質異常症(高脂血症)の治療薬であるリポバス(シンバスタチン)を継続服用中の男性が、シアリスを服用した後で下半身を中心に筋肉痛が発症したという症例が報告されています。シアリスとシンバスタチンの成分は、主に肝臓で生成されるCYP3Aという酵素によって身体に無害なものに分解され便や尿としえ体外へ排出されます。

このことから、同時に服用することで体内に吸収された薬剤の代謝が遅れ、副作用が増強したのではないかと考えられているのです。実際、服薬を中断したところ、5日ていどで症状は改善されています。

シアリスの副作用はいつまで続く?

シアリスの主な副作用は大半が服用開始から14時間以内に軽快します。

シアリスの主な副作用は効果の強さに比例し、血液中に吸収された有効成分の割合(有効成分の血中濃度)が低くなるにつれて徐々に治まっていきます。

血中濃度がピークに達する時間と半減するタイミング

通常、有効成分であるタダラフィルの血中濃度は、服用後3時間ほどでピークを迎え、14時間後には半減します。つまりシアリスの副作用は、服用してから3時間後のタイミングで最もおこりやすく、発症したとしても14時間が経過する頃には大きく軽快する傾向にあります。

ただし、服用する男性の年齢や、その日の体調や飲酒の有無などにより、シアリスの副作用が続く時間は長引くなる可能性があるります。体調が悪い日やお酒を飲み過ぎている状態でのシアリス服用は控えておいた方がいいでしょう。

シアリスの効果「効きはじめるタイミング・持続時間」について

4時間以上に勃起状態が続くようなら即時に病院を受診!

シアリスに限ったことではありませんが、ごく稀におこるED治療薬の副作用として、勃起した状態が4時間以上にわたって続く「勃起持続症」が報告されています。

射精などにより性的興奮が鎮まった後で長時間にわたり勃起した状態が続くようなら、即時に最寄りの病院を受診して医師の診断を受けましょう。

適切にシアリスを服用して副作用に見舞われた場合の対処法は?

医師に相談のうえ1回あたりの服用量を減らすか、服用中止を検討しましょう。

シアリスの副作用は、用量や使用頻度を調節することで発生そのものを抑えることができます。

健康な成人に推奨されている服用開始時の用量は、タダラフィルとして10mgとされています。シアリス20mg錠を服用して副作用があらわれた方は、10mg錠の切り替え又は20mg錠を半分にカットして服用するなどして用量の調節を検討しましょう。

また、用量を調節したうえで度々副作用に見舞われるようなら、バイアグラやレビトラなど他のED治療薬への切り替えを医師から薦められる場合もあります。

シアリス20mgを半分にカットするラインと劣化を防ぐ保管方法

症状によっては市販薬で対処できる

シアリスの副作用は、頭痛薬や鼻炎薬、胃腸薬など症状に適応する医薬品を併用することで素早く鎮めることができます。頭痛薬や胃腸薬は、病院で処方されるものを使用するのが理想です。通院するスケジュールが確保できない場合は、薬局で市販されているもので代用することできます。

シアリスを飲んだら頭痛に…痛みを和らげる頭痛薬の賢い選び方

シアリスへの過敏症と適切な対処について。

シアリスに限った重大な副作用ではありませんが、医薬品に含まれた成分にアレルギーがある場合、過敏症(スティーブンス・ジョンソン症候群)がおこる可能性があります。過去に医薬品の使用に伴う過敏症の経験がある方は、必ず事前に医師への相談を行ないましょう。

スティーブンス・ジョンソン症候群は、蕁麻疹・痒み・赤みのある腫れ(紅潮)といった皮膚症状をはじめ、唇・舌といった粘膜の腫れによる呼吸困難、強い腹痛や嘔吐といった消化器症状、意識障害など循環器症状が挙げられます。シアリスを服用した後にアレルギー症状がみられた場合は、安静にした状態を保ちつつ、速やかに最寄りの病院に連絡して、適切な指示を受けてください。

シアリスの禁忌。使用厳禁な男性の条件と併用してはいけない薬の種類

シアリス(タダラフィル錠)のトリセツ