シアリス(タダラフィル錠)のトリセツ

シアリスと同じ効果が見込めるタダラフィル配合のジェネリック

  1. シアリスジェネリックの大半はインド製!
  2. おすすめのシアリスジェネリックは?
  3. シアリスジェネリックを購入する方法は?

シアリスジェネリックの大半はインド製!

シアリスジェネリックは、大半がインドで製造されています。2004年までのインド国内における法律では、有効成分の特許(物質特許)を認めていませんでした。そのため、シアリスのような国際特許が切れていない製品でも、インド国内にある製薬メーカーが製造・販売する場合に限り認められていたのです。

2005年に医薬品の物質特許に関する法律が改正されてからは、2005年1月より前に販売されていた製品に限り、引き続き製造販売することができるようになっています。

現在のところ日本製のシアリスジェネリックが発売される予定はありません。

2019年6月現在をもってシアリスの国際特許も切れていません。そのため、日本国内で定められた法律上、同じ有効成分を配合したジェネリック医薬品の製造販売はできません。

日本国内の製薬メーカーによって製造されているED治療薬のジェネリックは、国際特許が切れたバイアグラの有効成分であるシルデナフィルを配合したものしかありません。日本国内の病院では、バイアグラのジェネリック医薬品しか処方してもらえないということになります。

シアリスの製薬メーカーから特許がきれる期限についての公式なアナウンスはなく、タダラフィルを有効成分とする国産のジェネリック医薬品が開発される今後の見通しはたっていません。

おすすめのシアリスジェネリックは?

過去に使用経験があり価格が安いためタダシップがおすすめです。

私が過去に利用したことがあるシアリスジェネリックは、シプラ社製のタダシップ20mgです。シアリス20mgとタダシップ20mgの使用感について、効き目が実感できる時間帯や、ほてり・胸焼けといった副作用など、ハッキリとした違いは個人的に感じられませんでした。

タダシップを選んだ理由は、価格の安さと製薬会社に対する信頼性です。
有名なアメリカの化学会誌「Chemical & Engineering News」が取材した映像(YouBubeへの外部リンク:Inside the Indian Generic Drug Manufacturer Cipla)でシプラ社の製薬プラントを確認できたことも、個人的にはタダシップを購入する大きな決め手になりました。

タダシップは、数あるインド製シアリスジェネリックが中で、最も価格が安い製品です。タダシップの製薬メーカーであるシプラ社はインド国内においてトップクラスの事業規模があり、アフリカなどの後進国や中東などの紛争地域で活動する事前医療団体へ安価で高品質なジェネリック医薬品を提供するメーカーとして国際的にも知名度が高い会社です。

シアリスジェネリックを購入する方法は?

インド製シアリスジェネリックは医薬品の個人輸入代行サービスで注文できます。

シアリスジェネリックは日本だと未承認薬という扱いになりますので、クリニックで処方してもらうことは基本的にできないと考えておいた方がいいでしょう。

シアリスジェネリックを利用する最大のメリットは、先発品と同等の効果をリーズナブルに試せるということです。とはいえ、医薬品としての実績や信頼性の高さはシアリスの方が圧倒的に勝ります。

購入費用の節約を優先される方はジェネリック医薬品を、製品の知名度や実績を優先される方は先発品であるシアリスを利用するといいでしょう。

シアリスの個人輸入代行サイトを安全に利用するための確認事項

シアリス(タダラフィル錠)のトリセツ