シアリス(タダラフィル錠)のトリセツ

シアリスが効きはじめるタイミングとの効果の持続時間

  1. シアリスの効果発現時間は?効きはじめはいつ?
  2. シアリスの効果が持続する時間は用量・年齢で変化する?

シアリスの効果が発現する時間の目安は?

最短30分で効きはじめ、1時間後には十分な効き目が得られます。

シアリスの効きはじめからピークまでの流れをあらわしたグラフ

シアリスは服用してから最短30分ほどで効きはじめ、1時間ほど経てばハッキリと効き目を実感できるようになります。シアリスの効き目がピークに達するタイミングは服用から3時間後です。

服用の仕方や胃腸の調子によっては、シアリスの効きはじめが遅れる場合があります。シアリスを使用する日は、効きはじめが多少遅れることを想定して早めに服用しておくといいでしょう。

従来のED治療薬だとこうはいきませんが、シアリスなら効きはじめから半日以上にわたって効果が持続するので何の問題もありません。

食事の影響や体調でシアリスの効きはじめる時間は変わります。

空腹時に服用した方が効きはじめるタイミングが早くなる

シアリスをはじめとするED治療薬を服用するなら空腹時が理想的とされていますが、それは胃酸の働きが大きく関わっているためです。シアリスは錠剤タイプの内服薬であるため、胃酸の酸性が強いほど成分が溶けだしやすく、胃の中に食べもがない方が腸からの吸収が良くなって効きはじめが早くなります。

なるべくシアリスが効きはじめる時間を早めたいなら、お腹が空いている状態で使用しておいた方がいいでしょう。

満腹の状態で服用すると効きはじめが遅れるケースも

シアリスを満腹状態で使用すると、ハッキリと効きはじめるまでの時間が遅くなってしまいます。シアリスの有効成分は腸から血中に取りこまれるので、吸収効率を良くするためにも腸の働きを食べものの消化に偏らせないことが大切です。

少しの空腹感が残るていどの食事であれば、食後にシアリスを飲んでも大きな影響を与えることはありません。

体調の乱れにより胃腸の働きが鈍ると有効成分の吸収が遅れる

成分の消化吸収を行う胃腸の調子が悪い状態でシアリスを服用すると、効きはじめるタイミングが遅くなります。シアリスの使用を予定している日の前段階でお腹の具合がすぐれない場合は、胃腸薬で早めに対処しておきましょう。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍など胃腸の疾患を抱えていない場合に限り、シアリスと胃腸薬は問題なく併用できます。

シアリスの効果が持続する時間は用量・年齢で変化する?

用量ごとに効き目の強さに違いはありますが薬効の持続時間は共通です。

シアリス服用後における有効成分の血中濃度推移グラフ

血中に占めるシアリスの有効成分濃度の高さには「20mg>10mg>5mg」と用量ごとに差がありますが、推移する流れは変わりません。
つまり、効き目の強さは1錠あたりに含まれた成分量が多くなるほど強くなりますが、どの用量でシアリスを服用しても持続時間は同じです。より強い効き目を最も長時間にわたって実感できるのは、有効成分が最も多く含まれたシアリス20mg錠です。

シアリスの効果の源となる有効成分タダラフィルの血中濃度は、服用して最短1時間ほど十分な水準なり3時間ほどでピークに達します。その後9時間ほどかけて徐々に減衰していき、服用してから約14時間で半減します。

有効成分の血中濃度は、半減期を過ぎてから更に減衰傾向は緩やかになり、シアリスを服用してから36時間までは一定以上の水準を保たれ効果が持続します。

持続時間が長いシアリスは、最も強く効果があらわれる範囲だけでも服用後1時間半~8時間と7時間近くあります。これは、従来のED治療薬で考えると半減期を超え効き目が完全に消失するまでの時間に相当します。シアリスの半減期は服用後14時間おとずれ、その後も半日以上にわたり勃起を補助する効果が持続します。

若い男性に比べて高齢男性の方がシアリスの持続時間は長くなる傾向があります。

健康体の若年者層(19~45歳)と高齢者層(65~78歳)を対象に行われた臨床試験では、高齢者層の方が少しだけ持続時間が長くなるという結果がでています。シアリスの有効成分の血中濃度が半減するまでの時間を比較すると、若年層の平均が16.9時間であるのに対して、高齢者層の平均は21.6時間となり、約4時間半ていどの遅延がみられています。

シアリスの持続時間の違いには、加齢による肝臓機能や腎臓機能の衰えが少なからず関係していると考えられます。個人差はありますが、一般的に内臓の働きは年齢を重ねるほどに鈍くなっていく傾向があります。

シアリスが効かないのは何故…代表的な原因と解決方法を紹介

シアリス(タダラフィル錠)のトリセツ