シアリス(タダラフィル錠)のトリセツ

シアリスの禁忌。使用厳禁な男性の条件と併用してはいけない薬の種類

  1. シアリスの使用が禁じられている男性の条件
  2. 絶対にシアリスと併用してはいけない医薬品

シアリスの使用が禁じられている男性の条件

以下の条件に該当する男性はシアリスの服用が禁じられています。

シアリスの禁忌事項
シアリスの含有成分に過敏症がある
硝酸剤やNO供与剤を使用中
リオシグアトに代表されるsGC刺激剤を使用中
不安定狭心症を患っている、または性交中に狭心症を発現した経験がある
コントロール不良の低血圧(最高血圧が90mmH、最低血圧が50mmHより低い)
コントロール不良の高血圧(最高血圧が170mmH、最低血圧が100mmHより高い)
心筋梗塞の既往歴が過去3ヶ月以内にある
脳梗塞・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある
重度の肝障害を患っている
網膜色素変性症を患っている

シアリスに含まれた有効成分と添加物について。

過敏症はシアリスにかぎらず全ての医薬品でおこりえる重篤な副作用です。有効成分をはじめシアリス錠に含有された添加物を以下に記載します。日本国内で処方されているシアリス以外のタダラフィル製剤として、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬ザルティアや、肺動脈性肺高血圧症の治療薬アドシルカが挙げられます。ザルティアやアドシルカなど使用に伴う過敏症の経験がある方は、シアリスの服用は絶対に控えましょう。

アドシルカアドシルカは、男性だけでなく女性に使用されるケースもあるようです。とはいえ、女性に対するシアリスの安全性は確かめられていませんので、服用は控えるべきと考えられています。

シアリスに含まれた有効成分と添加物
タダラフィル
乳糖水和物
結晶セルロース
クロスカルメロースナトリウム
ヒドロキシプロピルセルロース
ラウリル硫酸ナトリウム
ステアリン酸マグネシウム
ヒプロメロース
酸化チタン
黄色三二酸化鉄
トリアセチン
タルク

その他の禁忌事項について。

シアリスには血圧を低下させる作用があります。そのため、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・脳出血・コントロール不良の高血圧または低血圧など、血圧のコントロールが治療の要となる疾患を患っている男性はシアリスを使用できません。硝酸剤やNO供与剤、sGC刺激剤などの治療薬を使用中の男性も同様です。

また、シアリスの有効成分は主に肝臓で代謝されます。そのため、重度の肝障害を抱えた状態でシアリスを服用すると、有効成分が正常に代謝されず思わぬ副作用を招く可能性があります。

網膜色素変性症を抱えている方がシアリスを服用すると、病状の悪化を招くだけでなく失明の可能性も指摘されています。

絶対にシアリスと併用してはいけない医薬品

強い血圧低下作用を示す硝酸剤・一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)・sGC刺激剤とシアリスの併用は、急激な血圧低下など突然死につながる恐れがある重篤な副作用を招くため禁じられています。

併用禁忌薬の剤形は錠剤・カプセル・舌下錠・テープ・スプレーなど様々です。

シアリスとの併用が禁止されている医薬品の剤形は、一般的な錠剤だけでなくカプセル・舌下錠・テープ・スプレーなど様々です。クリニックでシアリスの処方を受ける際に手渡される説明書に記載された主な併用禁忌薬の一覧を以下に記載しますので、服用前に必ず確認しておきましょう。

シアリスとの併用が禁止されている主な医薬品名
亜硝酸アミル
アイトロール錠10mg/20mg
一硝酸イソソルビド10mg/20mg
硝酸イソソルビド徐放剤20mg
ジアセラL錠20mg
シグマート錠2.5mg/5mg
ソプレロール錠10mg/20mg
タイシロール錠10mg/20mg
ニコランジル錠2.5mg/5mg
ニコランマート錠2.5mg/5mg
ニトロール錠5mg
ハイパジールコーワ錠3/6
フランドル錠20mg
イソコロナールRカプセル20mg
カリアントSRカプセル20mg
ニトロールRカプセル20mg
アデムパス錠0.5mg/1.0mg/2.5mg(一般名:リオシグアト)
ニトログリセリン舌下錠0.3mg
ニトロペン舌下錠0.3mg
ジドレンテープ27mg
アンタプテープ40mg
イソピットテープ40mg
ジドレンテープ27mg
硝酸イソソルビドテープ40mg
ニトラステープ40mg
バソレータテープ27mg
フランドルテープ40mg
ミニトロテープ27mg
ミリステープ5mg
メディトランステープ27mg
リファタックテープ40mg
ニトロダームTTS25mg
ニトロールスプレー1.25mg
ミオコールスプレー0.3mg
シアリス(タダラフィル錠)のトリセツ